Backlog リリース:WebDAV経由でのファイル共有時に発生する隠しファイルを非表示に

いつも Backlog をご利用いただきありがとうございます。今回の改善リリースでは、WebDAV経由でのファイル共有時に発生する隠しファイルを非表示にする改善をしました。詳細をお届けします。

隠しファイルや一時ファイルを非表示にしました

これまでWebDAVをMacで使用して、ファイルをアップロードした場合に、ドットで始まる隠しファイル「.DS_Store」がアップロードされてしまったり、Excelを操作した場合に「~$」で始まるファイルや「.tmp」で終わる一時ファイルができてしまったり、操作性の問題が起きていました。

今回のリリースでは、隠しファイルや一時ファイルを非表示にして、ファイル一覧をより見やすくするように改善しました。

backlog[改善前の表示]

backlog[改善後の表示]

非表示になるファイルのパターンは以下のとおりです

パターン
._で始まる ._~$test.xlsx
~$で始まる ~$test.xlsx
.~で始まる .~test.png
~で始まって.tmpで終わる ~test.tmp
小文字にして.ds_store .DS_store
小文字にしてthumbs.db thumbs.db

今回のアップデートに関するフィードバックや新しいご要望がありましたら、Backlog 要望・問題の報告 フォーラムよりお待ちしています。

今日も楽しいBacklogライフを!

より良いチームワークを生み出す

チームの創造力を高めるコラボレーションツール

製品をみる